Z1000R1 フレーム修正 完成!


  久しぶりの修理記事です!
Z1000R1フレーム修理


修理前はサイドスタンドを取付けている
ダウンチューブが内側から腐食し、亀裂が入ってしまっていました。

フレーム修正

 ↑カットされたフレーム

写真は外注先のオートマジックさんでの修理風景です。

クラック&穴あき、サイドスタンドマウント溶接修理跡など
フレームがかなり痛んでいましたので
同じ形状に曲げた新品パイプを合わせて溶接して頂きました。

フレーム修理 フレーム修正 フレーム修理

 他、フレームの曲がり修正をお願いしました。

 

当店にフレームが戻ってきた後、塗装し、組み立てます。

途中、メインハーネスが痛んでいたので
ついでに余分な配線を取り除きすっきりさせました!!
(配線のアフター写真は撮り忘れてしまいましたので、途中の画像で失礼します)

これで当分痛まないはずです

配線修理

これでフレームも配線も修理完了です!!

フレーム修理

オーナー様へのお引渡し

Z1000R1
帰られる前に試運転をして頂き感想を聞くと
「走った時の安定感やコーナリングが修理前とは全然違います!」
と、お言葉を頂きましたのでとても満足して頂けた様です!

今回の修理は長年のダメージがかなり蓄積されていました。
正常な骨格はすべてにおいて大切だということを改めて感じました。


皆様いつも有難うございますm(_ _)m

最後まで読んで頂いて
ありがとうございました